記憶障害とは?

記憶障害とは、簡単に言うと過去の記憶を思い出すことができなかったり、新しいことを覚えることができなかったりすることを言います。記憶障害と言っても、一時的に思い出すことができない「短期記憶障害」と、長い間、思い出すことができない「長期記憶障害」の二通りに分けられます。

短期記憶障害には、一般的にも知られている「記憶喪失」が挙げられます。そして、長期記憶障害には、「認知症」のような社会的にも問題視されている病気が挙げられます。

記憶障害は、もともと「痴呆」として、高齢になれば起こりやすい病気として知られていました。そのため、記憶障害は、年を取れば誰でも発症する可能性があり、仕方の無いものとして認識されているところもありました。しかし、記憶障害は老化だけではなく、他にも様々な原因によって引き起こされる場合もあるのです。最近では、年齢に関係なく発症することが多くなってきています。

記憶障害になると社会的にも不便なことが多くなってきます。記憶力が低下することから、会社勤めも難しくなってきます。しかし、記憶障害の方でも働くことができる求人情報もあるようです。



お奨め商品はこちらから↓↓

powerd by 楽や

記憶障害の原因

記憶障害の原因にはいろいろありますが、一般的に、何らかの原因で脳に損傷(障害)が起きた場合に記憶障害が引き起こされてしまうことが多いと言われています。例えば、現代人に多い「うつ病」や「統合失調症」から記憶障害になることもあります。この場合の記憶障害は心因性による精神障害となっていることが多いため、心のケアが必要です。

また、ストレスによって記憶障害を引き起こすこともあります。この場合、ストレスを取り除けば自然と記憶障害は改善していきます。合わせて食事療法や運動療法なども行うと脳への血流も改善され、体にかかっていたストレスもなくなっていくことがあります。

それから、脳梗塞によって、後に記憶障害になってしまうこともあります。また、「高次脳機能障害(こうじのうきのうしょうがい)」という病気によって記憶障害の症状を引き起こすこともあります。脳梗塞や高次脳機能障害は、脳に損傷をもたらしたことで引き起こされる記憶障害です。例えば、交通事故で脳を損傷してしまい、後に記憶障害の症状があらわれる場合があります。

他には、慢性アルコール中毒や睡眠薬の多量摂取などで記憶障害が起きることもあります。

記憶障害の症状と治療法

記憶障害と言っても、老化が原因である場合と事故などで脳に損傷ができた場合では治療法が変わってきます。しかし、一般的に、記憶障害の治療としては薬物療法とリハビリの二つを行うようです。

記憶障害のリハビリとしてよく行われているのは、思い出せるような練習です。例えば、赤いボールを見せて後ろに隠し、何であったかを思い出させるのです。そして、リハビリに慣れてきたら、記憶障害の進行を防ぐためにも、さらに高度なリハビリを行っていきます。今度は、複数の色の違うボールを見せて隠したりするのです。

また、世界中で記憶障害の治療法に関する研究が進められており、脳深部へ電気の刺激を与えることで記憶障害が改善されるという説も出てきています。

Web上で過労による脳疾患障害をチェックできるサイトもあります。ストレスがたまっていたり、脳に不安を感じたりしている方は参考にしてみると良いでしょう。

【上記記載の内容は執筆時の情報です。必ず最新情報をご確認下さい。】


powerd by 楽や

記憶障害をチェック